img
imgimg
img
img

事務所プロフィール

当事務所は 1873 年に J. ブラント弁理士および G.W.v. ・ナフロッキ弁理士によって設立されました。当事務所はドイツ最古の特許事務所に属します。 1966 年にライナー・シュプラネマン弁理士が、彼の実父のエルンスト・シュプラネマン弁理士および義父の Dr. コンスタンチン・シュミットライン弁理士の後を継いで当事務所に加入しました。

Dr. ブルーノ・ライツナー弁理士が 1971 年に加入して化学部門を創設し、今日まで共同事務所のアドバイザーとして活動しています。クラウス・バロネツキー弁理士は 1988 年より当事務所の共同経営者であり、電気工学、情報工学および電子工学部門を構築しております。 1998 年に最初の弁護士としてマーガレット・クニッター弁護士が当事務所に加入しました。クニッター弁護士は商標および競争法を専門にしております。

当共同事務所には数多くの有能な弁理士および弁護士が所属しています。技術分野においては、ドイツおよび欧州 出身の弁理士、特許技術者ならびに電気技術者からなるチームが構成されています。法律部門は産業法の専門弁護士を含んだ有能な弁護士陣が担当しておりま す。また優秀なスタッフ、ならびに経験豊富な翻訳者が弁護士・弁理士を補佐しております。ミュンヘンオフィスの従業員は過去数年の間に合計15名に増えて おります。

当事務所の特徴は、知的財産権の分野において技術的および法律的事案に対応し得ることです。この分野における広範な経験のおかげで、当事務所は知的財産権を効果的に取得し保護するための適切な助言を御客様に提供することができます。

著名な国内および国際特許事務所として、熟練した弁理士陣の広範な技術および自然科学の知識、ならびに経験豊富な弁護士陣の専門知識が、御客様、特に世界中の中堅および大企業から信頼を得ています。